人気ブログランキング |

クリゾチニブ耐性ALK陽性NSCLCにおけるEnsartinibの有効性、安全性、およびバイオマーカー分析

Efficacy, safety, and biomarker analysis of ensartinib in crizotinib-resistant, ALK-positive non-small-cell lung cancer: a multicentre, phase 2 trial.

Yang Y, et al. Lancet Respir Med. 2019 Oct15. pii: S2213-2600(19)30252-8.

https://www.thelancet.com/journals/lanres/article/PIIS2213-2600(19)30252-8/fulltext

ALK阻害薬のEnsartinib(phase2)の報告です。Ensartinib 1stphase 3eXalt3 studyで進行中です。


Ensartinibは広範囲の既知のクリゾチニブ耐性ALK突然変異およびCNS転移に対する高い活性を持つ強力な新世代ALK阻害剤である。

クリゾチニブ療法が成功しなかったALK陽性NSCLC患者におけるEnsartinibの有効性と安全性を評価することを目的とした。

Ensartinibの有効性とクリゾチニブ耐性変異との関連も調査された。

中国の27施設でsingle-armopen-labelphase 2試験で行われた。

患者は18歳以上、ステージⅢb/Ⅳ、クリゾチニブ治療歴のあるALK陽性NSCLCECOG-PS:2以下、測定可能病変がある、前レジメンが3つ以下

ステロイド治療を必要としない無症候性の脳転移患者を含む

全ての患者はEnsartinib 225mgを連日内服した。

The primary outcomeresponse

少なくとも1回のEnsartinib投与を受けた全ての患者で安全性が評価された。

2017928日から2018411

160人登録され、少なくとも1回のEnsartinib投与を受けた(安全性分析セット)。

4人は登録違反があり、有効性分析から除外され156人登録された(総分析セット)。

総分析セットの97/156(62%)に脳転移あり

総分析セットの76/156(52%(95%CI43-60))responseがあった。

測定可能な脳転移40人のうち28(70%(95%CI 53-83))頭蓋内responseがあった。

145/160(91%)に少なくとも1つの有害事象があり、ほとんどがGrade1,2であった。

最も一般的な有害事象は皮疹(89(56%))ALT上昇(74(46%))AST上昇(65(41%))


Ensartinibは脳転移のある患者を含む、クリゾチニブ耐性ALK陽性NSCLCに対して活性があり、忍容性がある。

他の第二世代ALK阻害剤が成功しなかった患者に対するEnsartinibは、さらなる研究を保証する。



クリゾチニブ耐性後の報告としては現時点では下記のようにロルラチニブに軍配があがりそうですね。

今回の試験はPFSではなくresponseなのでどれくらい対抗できるかは気になりますが…。

a0389620_09201503.gif










あとはアレクチニブ耐性後の『G1202R遺伝子変異』に効果があるかが気になりますね。


ALK-TKIの1st lineはアレクチニブに対抗できるものは少なそう(J-ALEX study (phase3)でmPFS:34.1M)ですが、ロルラチニブに対抗して2nd lineの候補に入れるか楽しみですね。



by k-lungblog | 2019-11-02 09:27 | 肺癌 | Comments(0)